2007年09月20日

石川 県 職業 能力開発 協会


速読の中でも、「文章を風景のように瞬間的に視て(視読して)理解する」という、いわゆる「右脳で視て左脳で理解する(処理する)」方法は、まず文章をブロックで(数行まとめて)みれるように訓練します。


通常の読書では、文字を一文字ずつ追いかけているわけですから、その追いかけるスピードをアップすることで対応しようとしますが、速読では右脳的に視れるようになっていきます。速読は、能力開発・右脳開発のひとつといえます。


速読のこの「ブロック読み」ができるようになるだけでも、相当のスピードアップがはかれます。加えて脳にある「ウェルニッケ中枢」は、「言語中枢」とよばれ、ニューロンの結びつきにより記憶、知覚、認識、運動などの各領域と繋がっており、活性化されるとそれは全脳に及ぶといわれています。


速読で文章を高速で「視る」訓練をしてその能力をアップさせると、他の「理解する」「思考する」という能力も開発されるということですね。


速読は、こういった能力開発(右脳開発)系アプローチばかりとは限りません。読書する時の姿勢を良くすることで視野が広くなり、一度に視る文章の量も増え、速読に効果的という提唱もされています。姿勢を良くすることは健康面に限らず、どのような場面でも効果的ですね。





石川 県 職業 能力開発 協会
152 演奏 能力 開発 152 雇用 能力 開発 機構 健康 保険 組合 147 徳島 県 職業 能力 開発 協会 147 職業 能力 開発 推進者 147 長野 県 職業 能力 開発 協会 147 雇用 能力 開発 機構 厚生会 146 宮城県 職業 能力 開発 協会 139 石川 県 職業 能力 開発 ...(続きを読む)




posted by 能力開発について at 20:06 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。